読み物コンテンツ

網戸の張替え方法 ②

2017年8月23日 張り替え方法

作業台の上で網をセット致します。

網戸の張替えで網をセットしている様子

水洗いをして乾燥させた網戸本体に網をつけていきます。

網と本体はビート(抑えゴム)でついています。
ビートを入れるミゾの大きさは網戸によって異なりますので、ミゾのサイズに合った
抑えゴムを使用します。
※サイズだけでなく使用する網の色に合わせたビートを使用します。
 (画像の網はグレーなのでビートもグレー)



ビートを入れる時はローラーを使います。

網戸の張替えを手に持ったローラーで行っている様子

コツは腕の力でローラーを押し込むのではなく、体重をかけてローラーを押すことです。
網を入れるときに、反対の手で網をピンと張るように外側に伸ばしながら網を入れていくとピン
と張ります。その際に、青い線を目印にすると曲がらずにできます。

角にビート入れる時はローラーではできないのでローラーの反対側を使います。



網を入れ終わったら余分な網をカットします

網戸の張替え 余分な網をカッターでカットしている様子

網を入れ終わったら余分な網をカットします。
襖紙や障子の紙を切るときは長めにカッターの刃を出して、刃を少し反らしながら切ると綺麗に
切れますが、網戸の場合は本体が金属なので刃を反らしてしまうとすぐに折れてしまい危険です。

網戸の場合は、刃を出し過ぎずにカットを行います。