読み物コンテンツ

step.1 畑探し

2017年6月17日 い草の成長日記

畑の選定に3ヶ月

い草の自社開発を開始する際、最初に決めるのが育成を行う畑の場所です。

い草は強い植物なので、品質を求めず、収穫を行うのであれば幅広い気候に対応します。

い草の育成は素人同然なので、こまめな視察が必要になると思い、東京から車で行ける距離の畑を候補地に挙げました。

何箇所かピックアップし、現地の担当者とい草の育成方法など話をして育成が可能かどうかなどの話を綿密に行い、植え付けを行う畑は【静岡県焼津市】に決定しました。

畑の環境は、耕作放棄地というて農業が難しい畑を選びました。

弊社の代表が、い草を育てるだけでなく何か社会の役にも立ちたいと以前から考えており、耕作放棄地でもい草を育てることができることができれば、い草の名産地として耕作放棄地が生まれ変わり、活気が出れば社会のためになる。という結論になりました。

熊本の農家の方・焼津市の地元の方など様々な人の協力をいただきながら進めていく一大プロジェクトです。

い草の強さだけでなく、キツタカを支えてくださる皆様を信じてキツタカの「い草の自社開発」を進めて行きます。